経営理念

 Mission 果たす役割 働く人の力で豊かな街を創る

「ひとづくり」は
武ダホールディングスが一番大切にしているミッションです。

武ダホールディングスでは個々を尊重し、個性を伸ばすことを大切にしています。
若い世代には「ひとづくり」の大切さを伝え、また未来を担う子ども達を様々な形で支援していきます。
「人」のエネルギーは「人」に伝播し、やがて大きな力を生み出します。
「輝く人の力」。そこに武ダホールディングスの「ひとづくり」の想いが込められています。

未来に夢と希望を持てる「まちづくり」で
暮らしの彩りや笑顔を創ります。

街も人と同じように時と共に姿を変えていきます。数十年、数百年先の未来を描き、そこに住む人々が自分の街を誇れるような「まちづくり」をしていきたいと考えています。
そのために、「まち」を創るだけではなく、街のにぎわいを生み出すエンターテイメントや観光、人々の暮らしのサポートなど、街をトータルプロデュースすることで、人々の暮らしを彩り、しあわせや笑顔を創り出すことを目指します。

Vision 目指す姿 未来をリードするエクセレントカンパニー

武ダホールディングスが目指す企業像。
それは、企業の再生、発展にコミットする「経営のプロ集団」です。

少子高齢化が進む日本では、このまま何もしなければ都市の「活力」が失われていきます。
武ダホールディングスは、企業の歴史と伝統を尊重し、積極的なM&Aを通じて技術や知見の承継に力を注ぎます。
これまで培ってきた「ひとづくり」・「まちづくり」の経験と実績を活かして、全国の地域社会に彩りを与え、ひとの力で活力を創り出し、日本全体に貢献していきたいと考えています。

そして、私たち武ダホールディングスは
未来志向で常に成長し続けます。

新しいことにチャレンジし、失敗してもあきらめずにやりきることで、未来を切り拓き、こどもたちや地域の人から憧れられる企業でありたい。それが武ダホールディングスが目指す姿です。